--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-04

すっかり恒例になった節分

浅草ゲストハウス、オープン当初から住んでいるTシャツデザイナーの方が、毎年節分前日に鬼の面と豆を買ってきてくれます。
こんなフリをされたらもう撒かないわけにはいきません。
深夜0時、交通事故などが起こらないよう路地のみの4ブロックにエリアを決め、鬼3名を本気で追いかける30分。
遊びで本気で走る!
遅刻など、時間に追われる時ばかりで走っているといつの間にか走るのがいやになりますが、みんな小さな頃は楽しんで走っていたはず。
768651215_116s.jpg
ここにいる大人たちの走りつくした顔はどれも幸せそうでした。
浅草5丁目は今年も既に福だらけヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚☆
スポンサーサイト

2010-01-13

ロンリーズ

ご無沙汰してしまいました。
パソコンが苦手で2ヶ月ほどブログの更新方法を忘れていましたが、ようやく再スタート。
今後ともよろしくお願いします。
先月になりますが、クリスマスイブの夜、大半の住民が外に出て行くと思っていたのですが、
「じゃすさん!クリスマス何かイベントやるんでしたらそれに合わせて俺もなんか作りますよ!!」
という力強いお声も結構あったので、僕もかなりはりきってシブースト(ケーキ)を作りました。

砂糖をまぶしたリンゴをバターでソテーして
MA340053.jpg
ソテーしてソテーして
MA340056.jpg
じっくりソテーして
MA340058.jpg
この色味で火を消し、酒でフランベして一気に温度を下げてカラメルの色を止めます(甘いと感じさせたらただの砂糖、苦いと感じさせたらただのコゲ、そのどちらでもない美味しい味がカラメルです)
通常シブーストのフランベにはブランデーかカルバドス(リンゴのブランデー)を使いますが、今回はがつんとした風味が欲しかったのでウイスキーを使用
この時点で食べてもめちゃくちゃ美味しいんですが、我慢我慢

MA340061.jpg
タルト生地を型に敷き、冷蔵庫で2時間休め、荒熱を取ったリンゴを敷きこみます
MA340060.jpg
普通アパレイユ(焼用のクリーム)は牛乳や生クリームを使いますが、今回は冬に合ったこってりとしたケーキにしたかったので、サワークリームのみを使用しました
サワークリームは乳脂肪が高くかなりこってりしますが、生クリームにはないさわやかな酸味で食欲を損なうことがありません
ただし原価はかなり跳ね上がります
MA340062.jpg
アパレイユをタルトに流し、焼きます
今回はかなり大きく作ったので、50分ほどかけてじっくり焼きます

焼き上がりの画像は取り忘れ
タルトの荒熱が取れたら方から外します

MA340063.jpg
家庭用のオーブンで大きいタルトを焼くと火が均一に入らない(特に側面が弱すぎる)ので、これが限界だと思います

シブーストクリームを仕込んで、セルクルに流し込みます
MA340064.jpg
シブーストクリームとは、カスタードクリームにイタリアンメレンゲを混ぜて、ゼラチンで凝固させたもの
今回のシブーストにはかなりカルバドス(酒)を入れ、ぐっと大人な味にしました
(シブーストクリームの仕込みはタイミングが重要でかなり忙しいので、画像はとれませんでした)

シブーストの表面にイタリアンメレンゲを塗ります
MA340065.jpg
(お店で仕込むときは表面を焼きゴテで焼くのでこんなことはしませんが、今回は焼きゴテがなくバーナーで焼くため、クリームへの熱の負担を軽減させるため、断熱材としてメレンゲを塗りました)

メレンゲの表面にグラニュー糖をまぶし、バーナーで焼いていきます
MA340066.jpg
焼けたら又グラニュー糖をまぶし焼く、を4回ほど繰り返して、表面をほろ苦いキャラメルにします
MA340067.jpg
MA340070.jpg
シブースト縮小1
型を外して完成!
2台で64人分!!
1台32人分の大きさ、こんなに大きなシブーストを造ったのは今回が初めてです

カットして
シブースト縮小2
波歯がなかったので、カラメルが砕けてしまいました、、、
シブースト縮小3
シブースト縮小4
1カット(1/8)で4人分
かなりずっしり重いです

シブースト縮小5
後はひたすら食べるだけ

テーマ : 浅草
ジャンル : 地域情報

2009-11-11

おでんパーティー

先日の日曜日、浅草ゲストハウスでおでんパーティーが開催されました。 おでんパーティー1   おでんパーティー2
今回の鍋奉行はミネくん。マイ土鍋を持参して前日から仕込んでくれました。
「人に食べさせるのが好き」という彼は、おいしい手料理をしょっちゅう食べさせてくれる、
ありがたいお兄ちゃんです。

大根、こんにゃく、たまご、厚揚げ、はんぺん、がんもどき、ちくわぶ。
そして目玉は牛すじ、もち巾着、ソーセージ(もち巾着は、なんと手作り!)

ここまで豊富なおでんだね、なかなか食べられないですよね。
食べても食べても、つい手が出てしまうくらいおいしかったです!
おいしいごはんを、みんなでいただけるのは幸せですね?。

こだわりの牛すじを用意してくれたナミキさん、
牛すじの下ごしらえと、もち巾着を作ってくれたモリさん、オカダさん、ミッチー、
高級(?)ロングソーセージを持ってきてくれたマツモトさん、
そのほか、具材やおいしいお酒を持ってきてくれたみなさま、ありがとうございました!

テーマ : 浅草
ジャンル : 地域情報

2009-08-25

根津の大改修 ?あの夏、一番暑い一日?

先日9/23(日)、根津のnewゲストハウスの大改修を行いました。
ボランティアでお手伝いに来てくださった方々総勢10名様、ありがとうございました!
そしてお疲れ様でした。

とにかく大掛かりな改修作業、普段日曜大工程度しか経験のない私にはとてもエキサイティングな一日でした。
いやー、物を壊すって面白い!!

second12.jpg
second13.jpg
2階の天井を落としているところです。
築97年の建物、積もっているホコリの量が凄まじい!
担当した峰くんとDylanさん、お疲れ様でした。

second14.jpg
second15.jpg
Dylanさんの身長は197cm(マイケル・ジョーダンと同じ)。
日本家屋の低い天井の作業に、はしごなど必要ありません。
画像が曇って見えるのは、常時舞っているホコリのためです。
天井裏のホコリがすごかったため、2階は常にこの状態での作業でした。
濃霧の中にいるみたい。

second16.jpg
天井の上から姿を現した屋根と梁。
綺麗に掃除をすれば観光地のお蕎麦屋さんみたいになるかも。

second17.jpg
second18.jpg
私です。
腐ったベランダを撤去していたのですが、家中から出てくる砂埃で屋根上が滑ってめちゃくちゃ怖かった。
一緒にベランダを手伝ってくれた森さん、ありがとうございました!

second19.jpg
1階は元味噌屋。
作り付けの棚がかなり頑丈でした。
取り外してくださった宮くんとベロチュさん、ありがとうございました!

second20.jpg
前の住民が置いていった不用品に「ご自由にお持ち帰りください」と張り紙をしたところ、
早速観光できていた白人さんが興味深々に見ていました。
彼らは汁碗セットをお持ち帰り。
現在も多数の不用品をおもてに出しています。
皆さんよろしければぜひご自由にお持ち帰りください。

second21.jpg
壁の化粧板をはがすため、まずは壁に固定された様々なもの(コンセントや棚のL字金具など)を
外していきます。
地味で根気の要る作業。
つばきさんと菊池さん、ありがとうございました!

second22.jpg
second23.jpg
second24.jpg
そしてこれが一番根気がいって大変。
全ての木材の釘を抜いていきます。
抜き終わった木材は近所の銭湯に持っていって燃してもらいます。
銭湯の人が怪我をしないよう、永遠くぎ抜きをしてくださった風子さん、つばきさん、菊池さん、
そしてこれらの画像を取りながらこの作業をしてくれたりわりわさん、ありがとうございました!

残念ながら画像が一切無かった、2階で黙々と掃除作業をしてくださったtomoさん、
地味な作業を黙々と、差し入れのカントリーマームとコーラ、ありがとうございました!
そして画像無くてごめんなさい。


今日一日で2階の天井を全て撤去、ベランダほぼ全部撤去、1階店舗スペースの棚を全て撤去しました。
今週と来週はまた一人、こつこつ廃材の分別と処分をしていこうと思います。

残っている作業は、1階と2階の化粧板はがし、今回出た廃木材のくぎ抜きと処分、キッチン周りのとっぱらい。
後2回ほど大人数での大改修を行いたいと思います。
やるときはまたこちらに書きますので、皆さんお時間と体力に余裕がございましたら、
ぜひご協力ください。

私ひとりだったら何ヶ月かかったか分かりません。
今回ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました。

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

2009-08-18

New Guesthouse一日ボランティア募集します

2軒目のゲストハウスは、とても地価の高いところですが、
何とか浅草ゲストハウス並みに安い家賃でオープンするため、
自分でできる作業は極力自分でやっています。

つきましては今週末の日曜(23日)、作業を手伝ってくださる方々を募集します
謝礼は何もできませんが、
1つのゲストハウスができるまでの過程に興味のある方、
じゃすを助けようと思ってくださるとても奇特(良い意味)な方、
谷根千の古民家再生にご協力いただける方などなど、ご協力していただけるととても助かります

second10.jpg

second11.jpg

●作業内容は解体
崩れかけたベランダ(画像上)を撤去したり、歪んだ備え付けの棚(画像下)を取り外したり、天井をはがしたり。
解体後の木片は銭湯に運びます。
経験者が中心となって作業しますが、解体した木材をまとめるなど、経験のない方でも問題なくできる作業もたくさんあります。

●時間は12時(昼)?夕方
途中参加、途中退場も無論可

●場所
文京区根津2丁目34-24
現地集合現地解散です

●持ち物、服装
タオル、作業着
当日帰宅前に近所で水シャワー(not温水)が浴びれるので、シャワーを浴びれる準備をしてきてください。
サンダルは危険なので必ず動きやすい靴でお願いします。

ご協力いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。